京の徒然日記

田作りの原料②

2019.12.24


港に水揚げされたカタクチイワシはその場でセリにかけられ港近くの加工場に運ばれます。
まだピチピチと跳ねる魚もいる鮮度抜群の状態で水洗いされ、網に広げて乾燥させていきます。
あまり重ならないように広げたほうが均一に乾くので注意深く作業されていたのが印象的でした。

最近の投稿

2021.06.04

先斗町

2021.05.08

伏見の水路

2021.03.29

満開の桜

TOP