京の徒然日記

愛宕神社千日詣り

2019.08.02

7月31日から8月1日にかけて愛宕山の愛宕神社にお参りすると千日分のご利益があるということで多くの方たちが訪れます。
今年も夕方から登り始め「火の用心」を祈願してお札も数枚手に入れることができました。急勾配と暑さでとにかく厳しい道中を乗り越える必要があるのでご利益も大きい気がします。

まずは登山道入り口である清滝までどのように行くのかが悩みどころです。
駐車場がありますが、せいぜい100台。いったん登り始めると平均で5時間ほど要するので31日の午前中には満車となり翌朝までは常に渋滞し数時間待ちを覚悟する必要があります。バスは渋滞知らずで運行できますが帰りの最終が24:15頃、始発は5:30頃となります。選択肢は夕方着で入り終バスまでに戻るか、23時以降に入って始発に乗るかとなります。または自転車やバイクで行くのですが登山道入り口からかなり手前の駐輪場で、バスで一駅移動と意外と不便であり、バスがなくなってしまうと疲労の溜まった足でさらに一山夜道を超える必要があります。
翌日に余裕があれば朝帰りが良く、深夜に行われる行事も見ることができ下山中の夜明けは素晴らしいものがあります。

最近の投稿

2020.10.12

秋の訪れ

2020.08.31

納涼

2020.08.07

伏見稲荷

TOP