京の徒然日記

利尻昆布

2023.08.10

「京菜味のむら」の全ての商品には伏見の地下水が使用されています。
京都の水と相性が良いとされる利尻昆布の出汁が味の基本となり「京菜味のむら」の味のコンセプトである『コクのあるうす味』を実現しています。
その利尻昆布の産地を訪問してきました。

まさに昆布の島。海岸線は昆布で覆いつくされているといった感じです。
この日は台風の影響で沖合の昆布を捕りに行くことができず、沿岸部のみだったので小さいものしか見れませんでしたが、漁師の蠣崎さんにご協力いただきお話を伺いました。

生産者のお話を伺うと、無駄なく美味しく生かさなければ!と力が入ります。

最近の投稿

2024.02.05

節分祭

2024.01.01

謹賀新年

2023.12.11

落葉

TOP